【リムジンバス編】ホーチミンからブンタウまでの移動方法

みなさんは、ホーチミンからブンタウへの移動手段の際どのような手段を取られていますでしょうか。
ブンタウは、ホーチミンから車で90~120分で行けるビーチリゾート地です。人口24万人で、リラックスできるような心休まる雰囲気の街となっており、休日には国内外から多くの観光客が訪れます。
ブンタウはここ1年でビーチリゾート地として大きく変化し続けており、景観が年々良くなってきています。

そんな進化し続けているブンタウに行くには、なにかしら移動手段が必要になってきます。
ベトナムの若者であれば、自分のバイクで3時間かけて移動する方も少なくないです。その理由は、単純にバイクに乗って旅することが好きという方や乗り物酔いになりやすいためバイクに乗るという方などさまざまです。

外国人観光客は、バイク移動は危険なので、バスかフェリーで移動する方が大半だと思います。

今回は、ホーチミンからブンタウまでを「リムジンバス」で移動する方法をご紹介します。
リムジンバスとは、ハイエースなどのコミューターバスを豪華なインテリアで広々とした9人乗りの座席に改造したVIP車のことです。また片道は平均140,000ドン(約700円)とリーズナブルに利用できます。
また、一般的なコミューターバス(16人乗り)は、座席が硬く利用者が密着して座るので居心地は悪くなります。ただ片道90,000ドン(450円)と安く移動することができます。

「ホーチミンからブンタウまで」の乗り方をご紹介します。「ブンタウからホーチミンまで」の乗り方は、次回ご紹介します。

 

リムジンバスで行く場合の所要時間は途中休憩を入れて2時間程度となります。
距離にすると、約95kmとなります。

休憩は、ドンナイ省のパーキングエリアで10分ほど休憩ができます。出発して1時間後くらいにパーキングエリアに到着します。夜遅い時間帯の移動だとパーキングエリアが営業していない場合があるためノンストップでブンタウまで行く場合があります。

 

■ リムジンバス会社の紹介

ホーチミンとブンタウ間を走るリムジンバス会社はいくつかありますが、今回は大手3社それぞれのリムジンバスの乗り方をご紹介します。どの会社も基本的なシステムは同じですが、乗る場所が異なります。

Toan Thang(トァン タン)


http://toanthangcar.com/

3社の中で一番人気が高いリムジンバス会社。
ホーチミンのバス乗り場の受付スタッフは英語対応しており、運転手はみな紳士で、シートベルトをし安全運転を心がけています。一部の運転手は英語を話せます。


Hoa Mai(ホア マイ)


http://hoamaicar.com/

人気のあるリムジンバス会社ですが、事前に予約しても予約されていなかったり、運転が荒いなどサービスが悪く評価を下げてきています。
英語対応はしていません。


Huy Hoang(フイ ホアン)


https://huyhoanglimousine.net/

タンソンニャット国際空港とブンタウを結ぶリムジンバス会社。空港だけでなく、ホーチミン1区にも運行しています。
空港間は、外国人の利用も多く、運転手が英語を話せる場合が多いです。
外国人には一番おすすめかと思います。ただ電話予約時はベトナム語必須。

 

■ ホーチミンからブンタウまでのリムジンバスの乗り方

まずは、3社それぞれのホーチミン1区にあるバス乗り場をご紹介します。

Toan Thang VIP の場合

Toan Thangでホーチミンから乗る場合は、まず指定のバス乗り場に行かなくてはいけません。
場所は、1区のベンタイン市場付近にある Nguyễn Thái Bình 通り沿いにあります。

Toan Thang VIP
11 Nguyễn Thái Bình, Phường Nguyễn Thái Bìn, Quận 1, Hồ Chí Minh 【Google Mapを開く

こちらが、Toan Thang VIP のホーチミン事務所兼バス乗り場となっています。
基本的にこのバス乗り場で受付のスタッフに「ブンタウまで(英語可)」と伝えれば、数分後にはバスに乗ることができます。
しかし、週末や祝日の場合は、大変混み合いますので電話での予約が必要になります。

電話予約の際は、オペレーターが英語対応しておらず、ベトナム語が話せる方に依頼するのがベターでしょう。
もしくは、自ら受付まで足を運んで口頭で予約をしてみるという手もあります。欧米の方などはこのような手段を取って事前に予約しています。

 

Hoa Mai VIP の場合

Toan Thangでホーチミンから乗る場合は、まず指定のバス乗り場に行かなくてはいけません。
場所は、1区のベンタイン市場付近にある Nguyễn Thái Bình 通り沿いにあります。Toan Thang VIP の場所と同じ通りです。

Hoa Mai VIP
44 Nguyễn Thái Bình, Phường Nguyễn Thái Bìn, Quận 1, Hồ Chí Minh 【Google Mapを開く

こちらが、Hoa Mai VIP のホーチミン事務所兼バス乗り場となっています。
Toan Thang VIP 同様にバスの乗り方は同じです。
ただし、英語対応がしっかりしていないため、外国人にはハードルが高いかもしれません。

 

Huy Hoang の場合

Toan Thangでホーチミン1区から乗る場合は、まず指定のバス乗り場に行かなくてはいけません。
場所は、1区のベンタイン市場付近にある Nguyễn Thái Bình 通り沿いにあります。Toan Thang VIP や Hoa Mai VIP と同じ通りです。

Huy Hoang
175 Nguyễn Thái Bình, Phường Nguyễn Thái Bìn, Quận 1, Hồ Chí Minh 【Google Mapを開く

こちらが、Huy Hoang のホーチミン事務所兼バス乗り場となっています。
Toan Thang VIP や Hoa Mai VIP 同様にバスの乗り方は同じです。

 

■ 受付の方法

3社すべて乗り場の場所は異なりますが、受付からはすべて同じ方法ですので、まとめてご紹介いたします。

受付でブンタウまで行きたいという旨を伝えると、空いている座席を指定することができます。※勝手に指定する場合もあります。
ちなみに、1番と2番が助席となっており、3番~6番が快適なクッションシートで、7番~9番が後部座席となっています。3番~6番から席が埋まっていきます。

席が決まったら、座席番号と4桁の番号が書かれた紙を渡されます。座席に座るまでなくさないでください。

バスが到着したら、4桁の番号がスタッフより呼ばれますので、渡された番号と照合して合ってればバスに乗って指定した座席に座ってください。番号はベトナム語ですので、分からない方はスタッフに確認するようにしてください。スタッフが誘導してくれます。

無事乗れたら、安全のためシートベルトをしっかりしてください。ベトナム人はシートベルトをしない方が多いですが、必ずするようにしてください。

車内は基本静かでエアコンがかかっていますが、音楽を流す運転手もいれば、凍えるくらい冷房を効かせている場合もありますので、イヤホンを着けたり、長袖など来たりなど事前に対策をしていた方がいいです。
また、ミネラルウォーターとウェットティッシュが無料となっています。

さすがリムジンバス、インテリアが豪華です。
夜の移動の際は、明かりをすべて消灯しており、快適に休むことができます。

シートは助席以外リクライニングすることができ寝ることができます。

ガラスにはカーテンがついており、日中の日差しが気になる方は閉めることができます。
エアコンの吹き出し口も閉じることができます。

一部の Toan Thang VIP のリムジンバスや全ての Huy Hoang のリムジンバスには、マッサージチェアが付いており、リモコンで自分好みのマッサージをすることができます。

リムジンバスを乗る人の特権として、USBが使えたり、Wi-Fiが無料で使えます。
これだけのサービスが付いて、約700円ほどでブンタウに行くことができますから、決して高くはないと思います。

ただし、もしブンタウに行く時には、ある程度余裕を持って行くといいでしょう。
というのも、週末や祝日は利用者が多く大変混み合いますので、早めに予約したりブンタウに向かうようにしましょう。また、高速道路で交通事故が起こり渋滞が発生しまうことがありますので、ギリギリではなく時間に余裕を持っていくといいでしょう。
ブンタウまでは2時間の所要時間となりますが、渋滞が発生した場合は、3時間以上ほどかかる場合があります。

車内でまったり過ごそうと思いきや写真のように、後ろの席から足を伸ばしてくるお客がたまにいます。
マナーが悪いお客もいるのも事実です。

それを踏まえて利用してください。

 

■ 休憩時に運賃のお支払い

1時間ほど走行しているとドンナイ省にあるサービスエリアにて10分ほどの休憩があります。
その間に、売店で買い物したり、トイレに行ったりします。

また、休憩時にやっと運賃のお支払いがあります。
会社によっって値段が多少異なり、価格変動がありますが、大体150,000ドン(約750円)が相場となっています。

さらに、リムジンバスのサービスのひとつとして、自分が降りたい場所に乗客1名1名降ろしてくれます。
休憩時、お金を支払ったあとに、運転手から「どこまで?」と聞かれます。たまに車内で移動中に聞かれる場合があります。
事前に、目的地を記載した住所を準備して頂き、運転手に見せる用意をしておきましょう。

運転手が外国人と分からずベトナム語で話しかけることもありますが、住所を見せるか口頭で伝えてみましょう。

目的地に到着したら、思う存分ブンタウを楽しむだけです!

 

いかがでしたでしょうか。
最初は、苦労するかもしれませんが、1度乗ってみたらあとは大丈夫です。ブンタウに行くのは年々楽になってきています。これからは完全に英語対応になり、インターネットでも予約できるようになってくると思います。みなさんもぜひリムジンバスを利用してみてください。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *