干潮時に行くことができるブンタウの小島「Hon Ba」

ブンタウの珍しい観光スポットをご紹介します。
干潮の時にしか行くことができない小島「Hòn Bà(ホンバ)」です。

Hòn Bà は、ブンタウ半島の海岸から数百メートルしか離れておらず、小島は直径200メートルしかありません。

Thùy Vân 通りにある Tao Phung Park(Công viên Tao Phùng)という公園の近くに駐車場がありますので、そこから海岸に降りていきます。

1881年に HO QUANG TRUNG という人が島に小さなお寺「Miếu Hòn Bà(ホンバ寺院)」を建設しました。1971年に一度修復が行われました。
お寺は高さ4メートルで半島側からも見ることができます。ベトナムの人々はこのお寺はとても神聖な所と信じ、お寺の中にある神々の像を崇拝しています。

島へ行くには干潮時にしか行くことができません。島まで自分で歩いていくことができます。
干潮じゃない時にどうしても行きたい場合は、お金を払えば船をチャーターして行くことができるそうです。

干潮の時間帯は、日によって変動しますので、インターネットで「ブンタウ 干潮」で検索すると時間を水深を調べることができます。
干潮でも、雨の日には危険ですので行かないようにしてください。

1月・4月・7月・10月(特に1月)には、お寺でいろいろなお祭りが開催され、線香を上げるために多くの人々が島に行くため混雑します。

干潮時にはお寺への院への道のりで、貝を取ることができるため、お寺に行く目的ではなく貝を取る目的で行く方たちも多いです。

タイミングが合えば干潮時に行くことができるかもしれません。
ぜひブンタウの珍しい観光スポットに行ってみてはいかがでしょうか。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *