ベトナム禅の改革時の基礎だった僧院「Chon Khong Monastery」

Thiền viện Chơn Không(英名:Chon Khong Monastery)は、ブンタウの Tao Phung(大きい山)にある僧院で、1970年に建てられたものです。ベトナム禅の改革時の基礎であったと言われています。

1971年に10人から始まったといわれています。
共同生活をし、仏教を学びながら、経典、談話、学問を徹底的に理解していきました。
これらを習得することにより、健康上の問題を引き起こす可能性のあるものを回避することがで出来ると考えられていました。
修行は3年間続きました。

僧院に行くためには、山を登る必要があり、車やバイクで行くことができます。
 
Thiền viện Chơn Không
住所:Tao Phung mountain (Nui Lon mountain), Phường 1, Thành phố Vũng Tầu

 

この僧院は、ベトナムや他の国々のすべての人々(僧侶や宗派)に大きな利益をもたらしました。
僧院内は、非常に綺麗に整備され管理されています。

 

1974年に、第2の修行が始まりました。当時は28人でした。
僧院は1986年まで機能していましたが、社会の影響によって閉鎖されてしまいました。しかし、1995年に再建され、再び僧院として機能されました。

 

僧院は、ブンタウの大きい山の標高80mに位置しています。メインタワー、メインホール、ベルタワー、瞑想ホール、僧院ホール、ゲストハウスなどがあります。

 

非常に静かの中、風鈴の音が聞こえてきます。
修行をするのに最適な場所といえるでしょう。

 

緑に溢れ、心地よい風を感じることができます。

 

僧院内を裸足で歩く修行をされています。

 

線香の香りが漂っています。

 

こちらで経典を学ぶことができるそうです。
経典の教科書が何冊も置かれていました。

 

遠くまで鳴らすことができそうな大きな鐘があります。

 

僧院内は、非常に静かで落ち着きがあり、リラックスできる場所です。
気分転換で訪れてもいいかもしれません。

 
Thiền viện Chơn Không
住所:Tao Phung mountain (Nui Lon mountain), Phường 1, Thành phố Vũng Tầu


 

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *