ブンタウ=空港間を移動するならアプリでバスを簡単予約「HAVAZ」

ついに来ました。アプリで簡単にバスの予約ができるサービスが登場しました。

バス予約アプリ「HAVAZ」です。
以前からリリースされているサービスで、すでにベトナム北部のハノイを拠点に展開しています。先日、ホーチミン・タンソンニャット国際空港=ブンタウ間のサービスが提供されました。

外国人旅行者にとっては、移動手段が非常に重要なポイントなのですが、言語の問題もあり、ハードルが高くなります。
ブンタウに訪れる外国人旅行者が増えているなかで、移動手段は大きな問題でもあります。

ホーチミンからブンタウまでの移動手段として、バスや高速船がありますが、電話での予約か直接窓口へ行って予約、または購入する必要がありました。どちらも英語での予約ができますが(バス会社によっては不可)、心配になってしまうのは事実としてあります。英語での意思疎通ができずに予約が取れなかったり、バスの場合ドライバーさんが英語を話せない場合があるのでやり取りに苦労することがあります。

そういう問題に直面していると、アプリで予約できるシステムがあれば助かるのにと感じるようになりました。
 

 
いつかはできるだろうと思っていましたが、先日「HAVAZ」が登場したわけです。
しかも、ありがたいことに、アプリの設定で英語に切り替えることが可能です。

今回はこの「HAVAZ」の登録から実際に利用できるのかまで説明・検証してみたいと思います。
登録にはベトナムの携帯電番号が必要になりますので、ご注意ください。

 


まずアプリをダンロード



 
※App Store 画面

「HAVAZ」を利用するには、まずアプリをダンロードする必要があります。
Android 端末をお持ちの方は「Google Play」 から、iPhone をお持ちの方は「App Store」からダンロードをお願いします。

 


アプリを開いて電話番号を入力


アプリのダンロードが完了したら、アプリを開いて、ベトナムの携帯電話を入力して、「Đăng Ký(登録)」をタップしてください。
登録の段階ではまだベトナム語表記のみとなります。

 


英語表記に設定


こちらが「HAVAZ」アプリのトップ画面です。
英語表記に設定するには、左上のメニューボタンをタップします。

 

左側からメニューが表示されますので、その下の方にベトナムの国旗がある「Vietnamese」をタップしてください。

 

すると、English か Vietnamese か選択する画面がでますので、English を選択してください。
これで、英語表記の設定が完了しました。

 


バスを予約してみよう


それでは、早速バスの予約をしていきましょう。
バスは、9名乗りの「リムジンバス」と21名乗りの長距離バス「都市間バス」があります。ホーチミンとブンタウ間は大きな都市間バスは使用されていません。リムジンバスのみですので、左上のリムジンバスをタップしてください。

 

次に、マップが表示されます。
From Departure(出発地)To Destination(到着地)を選びます。
配車アプリ Grab を利用している方はなんとなく使い方が分かるかと思います。

 

まずは、出発地を選んで行きましょう。
希望の場所を検索で住所を入力することもできますし、バス停を選ぶこともできます。

バス停?

そう「HAVAZ」には、専用のバス停があるのです。
ブンタウ市内にいくつか設置されています。

 

最近ブンタウにお越しになった方は、この黄色いバス停を見たことがあると思います。
非常に目立つので、興味を示す現地の方も多いです。
このバス停が広告にもなっているんですよね。

基本はバス停で乗車しなければなりません。

バス停が希望の出発地(自宅やホテルなど)から離れている場合は、無料ピックアップ送迎をしてくれます。自宅やホテルから最寄りのバス停まで無料で送ってくれます。

 

出発地が選択できたら、到着地を選択します。
最終目的地は、基本的にタンソンニャット国際空港までの直行という形となりますが、希望の到着地を検索で入力すれば途中で降ろしてくれます。
ただし、ホーチミン市内ならどこでも良いということではなく、タンソンニャット国際空港までのルート内であれば、どこでも降ろしてくれます。1区には行きませんのでご注意ください。2区か Binh Thanh 区、Phu Nhuan 区、Tan Binh 区にしか通りません。1区に行きたいという方はオススメできません。2区かBinh Thanh 区で降りて1区まで移動という形をとることになります。

無事到着地を選択すると、全体図が表示されます。
問題がないかどうか拡大表示して確認してみてください。

問題がなければ、上の部分のカレンダーアイコンのところの「Select departing date」をタップしてください。カレンダーが表示されますので、希望の日を選んで下さい。

 

日にちを選べることは嬉しいですね。
既存のバス会社の場合、電話で翌日か当日にしか予約できないため、数日先の予約ができるのは非常に助かります。

 

希望の日にちを選択したら、次は時間です。
希望の時間を選んでください。ブンタウ=ホーチミン間の所要時間はおよそ2時間ほどです。
ブンタウ発の場合は、3:02 から 19:02 の間に1時間置きに運行しています。

この区間の料金は 160,000ドン(約円)となります。他のバス会社も同じ料金です。

 

そして、なんとシートも選ぶことができます。
飛行機のチケットを予約しているようで、ワクワクしてきます。

灰色のシートがすでに予約済みで、白いシートが予約可能な席、黄色のシートがあなたが選択した席となります。
1番と2番席は、助手席となります。

複数席をタップすることで、座席数を増やすことができます。

希望のシートを選んだら、下の「Continue(続ける)」をタップします。

 

すると、確認用の画面が表示されますので、問題なければ、「Confirm(確認する)」をタップします。

 


確定する前にプロモーションコードを使おう!


ぜひ初回登録時には必ずプロモーションコードを使ってみてください。
プロモーションによって異なりますが、10,000ドン安くなったりします。

プロモーションを使う方法をご説明します。

 

まず確認用画面の「Promotions」をタップします。

 

プロモーションが使える場合は、このようなクーポンが表示されます。
10,000ドンのディスカウントが10回使えるようです。

使えるクポーンをクリックします。

 

すると、プロモーションの内容とプロモーションコードが表示されます。
四角い枠のところをタップして、コードをコピーしてください。

 

タップすると、すぐこのページに飛びます。
コードが入力されている状態です。

このまま、「Confirm(確認する)」をタップしましょう。

 

すると、このようにクーポンが適用され、10,000ドン割引されていることが確認できます。


予約完了した画面をみてみましょう


予約が成功すると、このような画面が表示されます。
この画面が出てしばらくすると、HAVAZ から確認の電話がかかってきますので、必ず受けてください。
英語での対応が可能です。

 

予約確認画面から「Payment(決済)」することができますので、それをタップしてください。

 

このような画面が出ますので、Cash(現金)を選択してください。現金の場合は、途中休憩の時にドライバーにお支払いします。
クレジットカード払いや銀行振込も可能です。

 


実際に乗車してみた


予約日時の30分前くらいにドライバーから電話で連絡がきますので、こちらも必ず受け取ってください。大体は「場所は〇〇だよね?」とか「あと15分くらいで着くから準備しておいて」というような内容です。

乗車当日、HAVAZ アプリを開いて、予約確認画面を見てみると、どこに何時に到着するまたは通過するという時刻表が分単位で記載されています。
事前に指定した乗車ポイントには、大体この時間にバスが到着して乗車することができます。少しズレることはありますが、ある程度の時間を知れるのは助かります。また、途中下車するポイントも表示されており、何時に着くかもこれで分かります。

 

無事、乗車ポイントで乗ることができました。
まだ新しいリムジンバスでした。ブラックカラーが高級感を出しています。

 

車内は9人乗りで、広々しています。
モニターや時計が付けられています。モニターではベトナムのドラマが流れていました。

 

Wi-Fi も完備されており、パスワードはドアの上の方に記載されています。

 

万が一のために、エチケット袋が各座席に付いています。
ミネラルウォーターとウェットティッシュは無料です。自由に使ってください。

なにも問題なく乗車することができました。
アプリで予約できるのは便利ですが、予約時に HAVAZ のオペレーターからの電話とドライバーからの電話があるので、その辺りは大変だと思いますが、簡単な英語で十分対応できるので、ぜひ一度は試してみてはいかがでしょうか。

 
HAVAZ.vn
 

1 thought on “ブンタウ=空港間を移動するならアプリでバスを簡単予約「HAVAZ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です